ORIENTAL GATEのパシュミナのブロシュアを制作しました

ORIENTAL GATEのパシュミナのブロシュアを制作致しました。

Genuine Pashmina
Heritage of Himalaya
Produced by ORIENTAL GATE

パシュミナとは数百年の歴史があるネパール、インドで伝統的に織られ、王族などに納められていた高級手工芸品の総称です。

伝統的手法で作られる本当のパシュミナは、一時期作られなくなってしまったのですが、ORIENTAL GATE はネパール人の有志とともに 2014年現地で復興に関わりました。

以降、ヒマラヤからはるばる運ばれる毛を、カトマンズで加工生産し日本の市場へ届けるという一連の流れの中で重要な役割を担っています。

日本の市場に合わせた商品をプロデュースし、販売を一手に引き受けています。

私たちはサスティナブルな地球のために、伝統的な手仕事による地域経済を維持することが重要だと考え、今後もヒマラヤの自然生態系とその周辺で暮らす人々の生活を守っていきたいと考えております。

年一度、ヒマラヤの高地でしか採取されない原料の稀少さと、その工程の複雑さ故、大量生産の対極にあるものと言っても過言ではありません。

ヒマラヤ山羊やヤクが棲む標高 4000m 以上の高地の寒さに耐え得る密で細かいうぶ毛は、極上の暖かさ、肌触り、軽さを兼ね備えています。

ヒマラヤの自然恵みである本物のパシュミナは、年齢も性別も問わない一生の宝物になる逸品です。

ORIENTAL GATE 代表 赤池 静

ORIENTAL GATE公式サイト

ORIENTAL GATEオンラインショップ

関連記事

PAGE TOP