フランス本店は王侯貴族が集う美食の館、トゥールジャルダン東京へ

トゥールダルジャン東京は、400余年の歴史を誇るパリ「トゥールダルジャン」の世界で唯一の支店として、1984年にホテルニューオータニ開業20周年の記念事業として誕生。

エントランスの壁には、これまでにこのお店を訪れた皇族方、歴代の内閣総理大臣らのサインが数多く飾られ、その格の高さを感じることができます。

店内はひとつの時代だけではなく、トゥールダルジャンの歴史のそれぞれの世紀を表現し、巧みにコラージュしてあるのだとか。

豪華なフラワーアレンジも生花です。週に一回生け直すそう。

ダイニングルームは、フランスの貴族たちの食文化に変化が起きたルイ15世の時代を表現したもの。

ルイ14世の時代までは、堅苦しい雰囲気の中で大勢で食卓を囲んでいましたが(例えば、ベルサイユ宮殿などでのように)、ルイ15世の時代に入ってからは、もっと少人数で楽しい雰囲気で食事を楽しみたいというスタイルに変化していったそうです。

さて、私はお酒は飲めないのでこちらで乾杯♪

可愛いトゥールダルジャンのロゴナプキン。印象的に使われているお皿のふちの濃紺の色は、ブルボン王朝のシンボリックな色だとか。ロイヤルブルーは高貴なお色ですね。

ローズマリーの入ったオリーブオイルで美味しいパンを。いつもの如く、パンの食べ過ぎ注意ですが、食べてしまっても仕方ないでしょう…。

ペリエにぎゅっとライムをたくさん絞って。冷えた銀のカップで頂くペリエのなんと美味しいこと。

バターも可愛くセッティング。

特別に出していただいた前菜のウニのムース。初めからなんという、美味しさでしょうか。お野菜が生き生きでウニソースが絡まります。

シェーブルムースとエピス香る胡瓜のパレ。本物のフレンチ、奥深いです。きゅうりがゼリー状で薄ーーく固まってます。

こちらのお店の名物、フォアグラテリーヌ。サクッと焼いたトーストにテリーヌをのせるまでは良いとしても、そこへ白桃とコルシカ産のマスカットワインのジュレを乗せるなんて、なんて奥深いのでしょう…。そして、なんて美味。黒いのはトリュフです。

トゥールダルジャンオリジナルブイヤベース。スープなのに具をお皿の外に並べちゃいました。楽しいアイデアですね。ちょん、ちょん、ちょん、って可愛すぎます。

幼鴨の備長炭グリエ、薫香ソースとアンティチョークのニーズ風。中、絶妙なやわからかさ、外サクサクパリパリ。鴨エキスをフルに使ったソースがまた絶品。

こちらは、なんでしたっけ? こちらも特別に出して頂いた、鴨のお肉の何かです。鴨さん美味しすぎて、ありがとう。本日食しました鴨さんのナンバーが書かれたカードも頂けます。ちなみに、東京支店の記念すべきno.1は、あの方です…。

1788年(フランス革命!)モノのコニャックです。フランス本店では、こちらが300〜400万円ぐらいで飲めるそうです。

エントランスホールの中央には、トゥールダルジャンの歴史の中でも有名な出来事であったという、ロシアの皇帝アレクサンドル2世と今のドイツのヴィルヘルム1世、当時の首相のビスマルクが会した「三皇帝の晩餐」の食卓のディスプレイが飾られています。

店内は、フランスのそれぞれの特徴ある時代を巡る旅を楽しめるように、ひとつひとつのディテールにも物語のような意味をもたせて構成されているそうです。

食後はシックなバーへ。お酒は飲めないのでデザートを食べに。

壁面の肖像画は、歴代の国王や宮廷の名士など、フランスの食文化に関わり貢献した人物51人の肖像画が並んでいるそうです。あー、ほんとおしゃれ。ソファーもふかふかでした。

今日のデザートは、メロンのハーモニー。パイナップルとブラマンジェのミルフィーユ仕立て。一番上にあるのは、ジンジャー香るスイカのソルベ。いろんな味が口の中でトロけてハーモニーです。

こちらに来たら、最後に生のハーブティーをぜひ。人生の中で一番美味しいハーブティーでした。レモングラスが効いていて、とてもフレッシュ。こんなハーブティー飲んだことない、感動です。そして、一緒に出てきたチョコたちも、一つ一つ素晴らしい。最後まで、本当に繊細、完璧。

切子が生み出す光と影の模様が美しい。

それにしてもゴージャスでしたね。

美しさの極み、美意識が細部まで感じられ、とっても素晴らしい幸せな体験でした。

ちなみに、

こちらが、トゥールジャルダンのメニュー表と鴨さんカードです。(鴨さんカードはポストカードになってます♪)

鴨さんナンバーは、私は266849番でした。

こちらのナンバーは、19世紀末に活躍した給仕長のフレデリック・デレールが、手がけた鴨の一羽一羽に番号をつけ提供するというアイデアを発案し、これが現在でも引き継がれているということだそうです。

メニュー表は、ホワイトにシルバーの箔押しでシンプルビューティ。

鴨さんイラストは、ポップに可愛く。

数年前にシンプルシックなものから、この可愛い鴨さんイラストに変わったそうです。

時代を超えて受け継ぐところと、時代に合わせて変化させるところですね。

ほんと上手。

名店って、ほんと、細かなところまで素晴らしく胸キュンさせてくれます。

関連記事

PAGE TOP