十何回目かの映画「ドクターストレンジ」、修行系の映画見るとやる気出る

何十回目かの映画「ドクターストレンジ」。

修行系の映画見るとやる気出る。

【あらすじ】

ニューヨークの病院で働く天才外科医、スティーヴン・ストレンジ。ある日、その傲慢さから交通事故に遭い、外科医としては致命的な両手にマヒが残るケガをしてしまう。一瞬にしてその輝かしいキャリア、お金、恋人、全てを失った彼は、あらゆる治療法を試し、最後にネパールのカトマンズの修行場「カマー・タージ」に辿り着く。そこで神秘の力を操る指導者エンシェント・ワンと巡り会った彼は、未知なる世界を目の当たりにして衝撃を受け、ワンに弟子入りする。そして過酷な修行の末に魔術師として生まれ変わる。

【エンシェント・ワンとのやり取り】

🧑🏻‍🦲ワン「この魔術によって力を生み出し、時空を操れる。全ては理解できない。その必要もない。はるか遠くまでも行ける」

👨🏻‍🦰ストレンジ 「どうやって?」

🧑🏻‍🦲ワン「医者と同じ」

👨🏻‍🦰ストレンジ 「必死に学んで実践する」

このくだりが好きなのよね〜。

ちなみに、この映画の中で出てくる書物のタイトル

  • 見えぬ太陽の書
  • 新天文学
  • 帝権経典
  • ソロモンの鍵
  • 根本原理入門
  • カリオストロの書
  • 知覚の扉

読んでみたいなっと思って、ちらっと調べたけど、魂持ってかれそうだから、やめといた方がよさそう… 。

そー言えば、

ドクターストレンジ を見て、「カトマンズ」に行かなきゃって思ってたら、半年後にカトマンズにお洋服工場を持っているという静さんに出会い、そのまた半年後の春に一緒にカトマンズに行くことになったんだよね。

そして、今、一緒にORIENTAL GATEとして仕事してる。

不思議なご縁。

あれからまた1年が過ぎて、まだまだ修行中。

これからも頑張ろうね。

関連記事

PAGE TOP