子供の頃のあの気持ち

昨日打ち合わせしたクライアントさんの小学生のお子さんの夢が、商業デザイナーになること。

今は作品づくりに勤しんで、インスタに公開もしていて、そのピュアな気持ちが可愛らしく、素敵で、なんだか私も子供の頃のピュアな「やりたい!」という気持ちを思い出させて頂き、モチベーションが上がりました。

ありがとう〜!

私は子供の頃から、新しい文房具を買ってもらってモチベーションをあげ、綺麗なノートを作るのが趣味でした。

当時はフリクションなどの消えてくれるペンなんてなかったので、文字を間違えないように集中して清書して、間違えたら、一気にやる気を失ってしまう完璧主義なところがありました(修正液を使うのもイヤ!・笑)。

大学生の時、雑誌のデザインをするDTPの仕事を知り、それからずっとデザインの仕事をしていますが、この仕事を知った時は「なんて天職!」と思いました。

今は老眼も始まり、楽しいだけではない仕事ですが・笑、情報を整理して、最後に美しいものに仕上がったの時の気持ちは、子供の頃のあの気持ちと変わりません。

これからも、お互い、コツコツ、終わりなき修行を積み重ねましょうね!

関連記事

PAGE TOP