イタリアンのイメージがガラリと変わる、椿山荘「イル・テアトロ」

椿山荘の夜は、イタリアンの「イル・テアトロ」で。

本格イタリアンって、初めて食べたかもしれない。

いやー、最高に美味しいですね。

今までのちょっと重めのイタリアンのイメージが、ガラリと変わりました。

まずは小前菜。

鰹のクルード、タレッジオのクレマとビーツのカルパッチョ。

酸味のあるビーツと鰹とチーズのソースがよく合い、新感覚な美味しさ。

ローズマリー入りフォカッチャとトリュフ入りライ麦パン。

マスカルポーネとドライトマトブラックオリーブをのせて。

海の幸の“キタッラ“ルーコラのジェノヴェーゼ。

まず、パスタの硬さが本当に丁度良く、ジェノヴェーゼのソースが絶品。

サルシッチャとオレヴィスの入った赤ワインのリゾット。

パスタも美味しくて感動したのですが、こちらのリゾットも最高すぎました。

この赤ワインの濃厚なお味をずっと下の上で味わっていたい・笑。

鱸のインパデッラ、白バルサミコと香味野菜の冷たいヴィネグレット。

一皿一皿、あぁ最高、思うのですが、次の一皿もさらに上回っていくのが凄いです。

和牛フィレ肉のコトレッタ、アッラ・ミラネーゼ。

カツレツのような感じですね。

トマトのソースとチーズ味のソースをそれぞれお肉の上にのせて頂きます。

デザートの前に、リンゴのシャーベットでお口直し。

いやー、爽やかで美味しい。

リコッタチーズのカッサータ、オレンジのコンポスタとガラー二。

出てきた瞬間、オレンジのいい香り〜。

濃厚なチーズが入ったアイスにサクッとした軽い食感の揚げ菓子に、オレンジのコンポートを絡めて食べます。最高!

青が印象的なテーブルコーデで「夏の宝物」というコースを頂きましたが、お店の雰囲気とスタッフさんのホスピタリティーも素晴らしく、とても素敵な時間を過ごせました。

ありがとうございました♪

関連記事

PAGE TOP