料理の鉄人、陳建一さんの本格的四川料理「szechwan restaurant陳」へ

「料理の鉄人」で知られる陳建一さんの本格的四川料理「szechwan restaurant陳」へ。

本日は、鮑、フカヒレ、オマール海老、松茸など、豪華食材がズラリの贅沢コースを堪能。

まずは、炭酸水で乾杯! (抹茶味のナッツも一緒に)

北海道乙部町産、アカモクの麻辣アミューズ。このまま「ゴクリ」と頂きます。もずくに似た海藻のアカモクを酸味の効いた濃厚麻辣スープで。クセになるお味です。また飲みたい!

チャイニーズオードブル。何はともあれ、この季節のトウモロコシの美味しいこと。

気仙沼産毛鹿鮫尾ビレの姿煮込み〜四川飯店伝統の醤油味で〜。納得の美味しゅうございます。

活ツブ貝の塩味炒め〜ほの苦い肝のアクセント〜。いいですね、この流れ。

国産黒毛和牛サーロインチンジャオロース、低温料理で柔らかくしっとりと〜szechwan restaurant陳 名物料理〜。お味は青椒肉絲ですが、ユッケみたいなまろやかさ。新感覚!

名前に惹かれて頼んだお茶「白龍珠」。ジャスミンティーの中でも最高級のお茶だとか。茶葉を珠のように丸めて、お湯を注ぐことによって茶葉が開き、香りが広がっていきます。はぁ、よい香り〜。

伊勢海老のガーリック白湯煮込み〜青山椒香る九条ネギを添えて〜。濃厚で美味しいです。

松茸、鮑、鶏肉、夏草花(中国で一級漢方に認定され1995年には国家指定食品になった冬虫夏草は、日本ではほぼ入手不可能。その冬虫夏草の代用品として人工栽培で作られたのが「夏草花」だそうです)、貝柱をじっくり蒸し上げた澄ましスープ。素晴らしい出汁のハーモニーで間違いなく体に良い!

四川飯店伝統の麻婆豆腐御膳。このくらいの量がちょうど良い。スパイシー、パンチの効いた麻婆豆腐。じわりと汗が出ます。ですが、クセになるお味。

麻婆豆腐で口の中がしわしわになってるので、メロンのソルベでお口直し。といっても、とても美味しくて、フレッシュ。

デザートは、フレッシュマンゴーを使用した濃厚!マンゴープリン。上には、パッションフルーツのソースがかかっている高級マンゴーの下に、お上品に少しマンゴープリンがある感じ。ほぼほぼ、フレッシュ高級マンゴーを頂いている感じの贅沢なデザートでした。

こちらのお店では、山椒の効いた麻婆豆腐が有名とのことですが、ほんとにじわりと汗が出るほどスパイシーですが辛すぎるということではなく、非常に「体に良さそう!」です。

その他のお料理も、考え抜かれた食材を活かした調理法に、薬膳的なパンチの効いた香辛料などの味付けでとても好み。

健康志向の女性にもとってもおすすめ。

思わず、美味しゅうございました♪

関連記事

PAGE TOP