パウロ・コエーリョさんの本「アルケミスト」、すごく面白いです

まだ、全部読み終わってませんが、パウロ・コエーリョさんのアルケミスト、すごく面白いです。

(私の持っている本は、アニバーサリーエディションで装丁も可愛いです♪)

「世界で最も読まれた本ベスト10」の第5位で、 ちなみに1位は聖書だそう。

なぜ、これ読んでなかったのか、謎なくらい、好きなテーマ。

あ、でも、今、まさに、今読んだ方が、私的には面白さ倍増だからですかね。

羊飼いの少年サンチャゴは、宝物がピラミッドに隠されているという夢のお告げを信じ、アンダルシアから砂漠を越えエジプトを目指す。
彼はさまざまな出会いと前兆に導かれ困難な旅を続けていく。
そしてある錬金術師(アルケミスト)との大いなる出会いを果たし、ようやくたどり着いたピラミッドで、彼を待ち受けていたものとは…
世界中で大ベストセラーとなった夢と勇気の物語。

やっぱり、ピラミッド行ってみたいなー!

うーん、最後、結局、何が待ち受けてるのかしら?

旅は続く…

アルケミスト 夢を旅した少年 (角川文庫)

関連記事

PAGE TOP