映画「オズの魔法使い」を見てから、本「人生を変えるオズの魔法」を読んでいます

自粛中なので、子供の時に見た映画を、いろいろ見返したりしています。

1ヶ月前ぐらいから、「そういえば、オズの魔法使いってどんな映画だっけ?」と気になっていたので、こんな本を見つけました。

帯には、

私は人生の長い期間を本の編集に捧げ、たくさんの知恵を身につけてきた。けれども、学んだ知恵のほとんどは、子供の時にはじめて見たこのすばらしい映画の中にある…

と、書いてあります。

扉を開くと、

【子どもの心を忘れていない人へ】
真理への道は存在しない。
真理は発見されねばならないが
しかし、発見のための決まった手順はない。
あなたは海図に描かれていない海に出発せねばならず
そして、その海図に描かれていない海とは
あなた自身なのだ。
(クリシュナムルティ)

【目次】
PART1 黄色いレンガの道をたどる
PART2 オズの知恵
PART3 エメラルドを役立てる

エメラルドを役立てるですって!

わくわくするー!

そして、そして、

映画「オズの魔法使い」を見終わり、本「人生を変えるオズの魔法」を読み始めています。

読書ノートに、いい言葉を書き出そうと思ったら、結構、写経状態に(笑)

1日にして、ペンだこ!

もっとキラキラ系かと思ったら、著者の方が「ホーキング、宇宙を語る」とかの一流編集者で、かなり奥深くて楽しいです。

出版という仕事は、その時代の最も優れた頭脳の持ち主と会う機会を与えてくれる。(←羨ましいー!)

全ての人間の意識が一つであることを悟る経験は、人が耐えがたい状況に追い込まれた時に生じることを学びました

聖杯とは量子力学と一般相対性理論を統合する「統合理論」です。この二つの理論は私たちの時代における最も偉大な理論的ブレークスルーでしたが、互いに隔たりがあるままです。もしこれがいつか実現すればそれはカーテンを引き払ったことになります。

ディーパック・チョプラとは十数冊本を作りましたが、その過程でインドのヴェーダの知識を学び、「一切外はない」という教えを知りました。世界の一切は私たちがそれに気づくことでしか存在せず、気づきが生まれる前には、果てしなく広がるスープ、つまり、宇宙の万物の故郷である純粋な潜在性の海しかそこにはないということです。

(補足:ディーパック・チョプラ=インド系アメリカ人の医学博士。心と体の医学およびウェルビーイング分野における世界的な第一人者で、89冊にのぼる著書の多くがベストセラーで35ヶ国に翻訳され、発行部数は2000万部を超えている)

物語は私たち人類がみな経験するものごとの根底にあるものと波長があった時に古典となります。

たとえ権威ある人物がそうすべきだと言っても人を見せかけで判断してはいけません。その代わり少しでも自分自身で調べてみるまでは、判断を保留にしてください。こう言いつつ、私は居心地の悪いものを感じます。私は何が知恵で何が知恵でないかに関して、他人の考えを受け入れないようあなたに注意していながら、今まさに「オズの魔法使い」から学べる洞察をあなたに伝えようとしているのです。でも実のところ、私はそれでもかまいません。この先も同じ方針で進みます。私が紹介する「オズの魔法使い」の洞察を、自分で実際に試してみないまま、鵜呑みにしないでください。それらの洞察をあなたが知っているものごとと付き合わせ、あなた自身があらたに得た情報ととも比べてみてください。幻影の奥にある真実に気づくこと、見せかけにだまされないこと。それが「オズの魔法使い」の中心的なテーマです。

まだ、半分くらいしか読めていないけど、

「オズの魔法使い」をテーマにここまで語れるって、この著者の方の経験値がすごい。

この人、大好き。

人生を変えるオズの魔法 (単行本)

関連記事

PAGE TOP